クレジットカードを現金に換金するのは違法?

HOME » 違法?合法? » クレジットカードを現金に換金するのは違法?

クレジットカードを現金に換金するのは違法?

最近とても話題となっており、注目を集めてるクレジットカードの現金化ですが、実際に利用されている方もたくさんいらっしゃることかと思います。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するという方法になるのですが、このクレジットカードを換金するという行為は違法になるのでしょうか。

現段階において、法律に違反しているというみなされ方はしないようです。
特に法律違反というわけではありません。
ですがあくまでもグレーゾーンな行為であるということも事実です。
というのも現段階においてクレジットカードの現金への換金を規制する法律はありません。
ですがクレジットカードの発行元会社からは規約によって禁止されているケースがほとんどです。
ですのでそのため違法ではないけれど、クレジットカードの発行元会社に現金化を目的として利用していることが発覚してしまった場合には、規約違反を犯しているということでクレジットカード自体の利用停止処分とされてしまう可能性が大いに考えられます。
ですので現金化を目的として利用しているということが発覚しないように気を付けなければいけません。

またクレジットカードの現金への換金を行っていた業者が摘発された例もあります。
これはクレジットカードの現金化を法律に違反するような内容で行っていたことから逮捕に至ったようです。
例えば商品買取型のクレジットカードの現金化の場合では、商品を業者側から購入して、そしてまたその商品を買い取ってもらい現金を手にするという流れになっていますが、この商品のやり取りをはぶいてしまい現金でのやり取りになってしまっていたため実質的に貸金業に値するということで、違法であるということで摘発に至ったという経緯があるようです。

クレジットカードの現金化は優良業者を利用していれば、そういった違法行為に巻き込まれてしまうようなことはありません。
ですのでまずは業者選びに注意して利用するようにすることが大切です。