クレジットカードの現金への換金は法律違反?

HOME » 違法?合法? » クレジットカードの現金への換金は法律違反?

クレジットカードの現金への換金は法律違反?

日本の法律ではとても様々なことが定められています。
非常に悪質である行為が行われないように、法律で定めていてその法律に違反している場合には、法の下において罰せられるケースがあります。
罰金や禁固刑などの刑に処される可能性があります。
ではクレジットカードの現金化は法律違反になるものなのでしょうか。

クレジットカードの現金化とはクレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換金するという方法になります。
この方法では今の段階では法律違反にはなりません。
クレジットカードの現金化を規制する法律は定められていないのです。
ですのでクレジットカードの現金化は合法で行うことができますし、多くの業者がクレジットカードの現金化のサービスを行っています。

ですがその内容が間違えていれば法律に違反する可能性もありますし、それにまたあくまでも法律には違反しないけれどもグレーゾーンである範囲にあたります。
というのも法的な規制はないものの、クレジットカードの発行元会社からは規約で禁止されているのです。
ですのでクレジットカードの発行元会社における規約違反として違反にされてしまうケースがあります。

クレジットカードの発行元会社によって規約違反であるとされてしまった場合にはクレジットカードの利用停止処分にあう可能性が考えられます。
クレジットカードを使用することができなくなってしまいます。
そうなると日常生活において非常に不便なことになりますし、それにまた社会的な信用情報に対しても影響を与えてしまうことになりかねません。
ですからあくまでもグレーゾーンの範囲であり、クレジットカードの発行元会社にクレジットカードの現金化、現金への換金を目的として使用しているということをばれないようにしなければいけないんですね。
信頼して利用することができる口コミでも評判のいい現金化業者に対して申し込みを行って利用すればそういった様々なトラブルに巻き込まれることを避けることができるでしょう。