クレジットカードの現金への換金は合法でできる

HOME » 違法?合法? » クレジットカードの現金への換金は合法でできる

クレジットカードの現金への換金は合法でできる

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法はとても便利な方法ではあるのですが、心配となってしまうこととして違法ではないの?ということがあげられますよね。
法律に違反しているのではないのか、法律に違反していそうというようなイメージがあることかと思います。
ですが実際には特に法律に違反しているというわけではありません。
法律違反ではなく、合法となっています。

ですが合法といえどもあくまでもグレーゾーンの範疇であるということは忘れないでくださいね。
というのも法律に対して違反しているというわけではないものの、クレジットカードを発行している会社が掲げている規約に違反してしまっているので、クレジットカードの発行元会社の規約違反にはなってしまいます。
ですのでクレジットカードの発行元会社に、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するという行為を目的としてクレジットカードを利用しているということが発覚してしまった場合には、クレジットカードの利用を停止させられてしまう可能性が考えられます。
ですのでその点は注意するようにしてください。

クレジットカードの利用停止になってしまうと信用情報にも大きく関わってきますし、また大変日常生活において不便になってしまうことが考えられます。
ですのでクレジットカードの現金化については合法ではあるもののあくまでもグレーゾーンである行為です。
また方法を間違えれば違法にもなりかねません。
そこで違法になるようなことなく合法で上手にクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという行為を行うのであれば、安心して利用できる信頼できる業者の利用がおすすめです。
法律としては合法なので、合法の範囲内で現金化を行えるようにしてくれるのが安心して利用できる優良業者になります。

優良業者を利用する場合の現金化の方法としては、商品買取型とキャッシュバック型の二つの方法があるのですが、商品買取型の場合では業者に指定されてクレジットカードを使って商品を購入します。
その購入した商品を業者に買い取ってもらい、それによって現金を得られるというものになります。
現金は銀行口座に振り込んでもらうという形になりますからその銀行口座からお金をおろすことで現金を手にすることができるでしょう。
急な出費などにすぐに対応することができるのでとても便利です。
キャッシュバック型の場合には業者から指定された商品を購入することで、キャッシュバックがついてくるという仕組みになります。