クレジットカードの現金の換金はグレーゾーン

HOME » 違法?合法? » クレジットカードの現金の換金はグレーゾーン

クレジットカードの現金の換金はグレーゾーン

どうしてもお金が手元に無いけれど必要だという場合であったり、また急な出費ができてしまったけれど対応することができないというような場合に、お金を用意するためにクレジットカードの現金化を利用するという方法があります。
クレジットカードの現金化を利用することによって、クレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換えることができ、その換えた現金をすぐに手に入れることが可能です。

このクレジットカードの現金への換金については、違法行為ではありません。
ですが現段階においてはグレーゾーンである行為であるといえます。
というのも日本の法律としてはクレジットカードのショッピング枠を現金に換金するということを違法であるとする法律はありません。
でもクレジットカードの発行元会社が掲げるクレジットカードの利用規約において現金への換金を目的とする行為は禁止しているというところがほとんどになります。
ですのでそういった行為を行っているということで、クレジットカードの発行元会社の規約違反となってしまい、万が一クレジットカードの発行元会社に発覚してしまった場合にはクレジットカードの利用を停止されてしまう可能性があります。

クレジットカードの利用停止となると信用情報にも関わってきますので注意が必要です。
クレジットカードの現金への換金はとても便利なものではありますが、実質的な金利は比較的高くなってしまいますし、またグレーゾーンの行為であるという危険性も持ち合わせています。
ですから十分注意して利用しなければいけません。

現金化を自分自身で行った場合にはクレジットカードの発行元会社に発覚してしまう可能性が高くなりますので業者への依頼がおすすめです。
ですが業者に依頼して行ってもらう場合でもグレーゾーンの行為であるため悪質な業者が横行している事実もあることから、そういった悪質な業者に引っかかってしまわないように注意を払う必要もあります。