クレジットカードの換金はカードの利用停止になる恐れがある

HOME » 違法?合法? » クレジットカードの換金はカードの利用停止になる恐れがある

クレジットカードの換金はカードの利用停止になる恐れがある

クレジットカードを換金することで現金を手にすることができる方法のことを、クレジットカードの現金化と呼んでいます。
審査不要で現金を先に手に入れることができる方法であるとして多くの方々からとても人気となっている方法でもあります。
非常に多くの方々が利用されているんですね。
そんなクレジットカードの現金化について、現金化を行っている業者もたくさんあります。

これはクレジットカードのショッピング枠を現金に換金することで得られるものなのですが、法律的には違法ではありませんが、クレジットカードの発行元会社の規約違反であるとしてクレジットカードの利用停止処分を課されてしまう可能性もありますのでご注意ください。
日本の法律ではクレジットカードの現金化を規制するものはありません。
ですがクレジットカードの発行元会社が掲げている規約については、クレジットカードの現金化を目的とした行為に対して禁止しているのです。
ですからクレジットカードの現金化を目的としてクレジットカードを利用しているということがクレジットカードの発行元会社に万が一ばれてしまった時にクレジットカード自体の利用を停止させられてしまう恐れがあるので注意が必要です。

今まで使用していたクレジットカードが使えなくなってしまったのであれば、クレジットカードの現金化どころか通常のショッピングもできなくなってしまい大変不便な目にあってしまいますよね。
それにまた社会的な信用情報においても影響を与えてしまう可能性があります。
そうなってしまうと次に新しいクレジットカードを作ろうとしても作れないなんてことになる可能性もあります。

ですからカード停止になってしまわないように、自分自身でクレジットカードの現金化を行うのではなく信頼できる業者に依頼して行うことをおすすめします。
業者に依頼する場合には中には悪質な業者もありますので、そういった悪徳業者に引っかからないように注意をする必要もあります。