HOME » 違法?合法?

違法?合法?

クレジットカードの換金はカードの利用停止になる恐れがある

クレジットカードを換金することで現金を手にすることができる方法のことを、クレジットカードの現金化と呼んでいます。
審査不要で現金を先に手に入れることができる方法であるとして多くの方々からとても人気となっている方法でもあります。
非常に多くの方々が利用されているんですね。
そんなクレジットカードの現金化について、現金化を行っている業者もたくさんあります。
≫ 『クレジットカードの換金はカードの利用停止になる恐れがある』

クレジットカードの換金の手順とは

クレジットカードを現金に換金することができる仕組みである、クレジットカードの現金化ですが、クレジットカードの換金はどのようにして行うことができるものなのでしょうか。
クレジットカードの換金の手順についてご説明します。
まずはクレジットカードの現金化業者を利用して現金化を行うという場合の手順についてのご説明です。
≫ 『クレジットカードの換金の手順とは』

クレジットカードの現金化をじぶんで行う

クレジットカードの現金化については、業者に依頼することによって行うことができる方法もありますが、それだけでなくじぶんで行う方法もあります。
まずクレジットカードの現金化とはクレジットカードについてくるショッピング枠を現金に換えるという方法になります。
ショッピング枠を現金に換金するのですが、この際に商品を利用します。
≫ 『クレジットカードの現金化をじぶんで行う』

クレジットカードの現金への換金は法律違反?

日本の法律ではとても様々なことが定められています。
非常に悪質である行為が行われないように、法律で定めていてその法律に違反している場合には、法の下において罰せられるケースがあります。
罰金や禁固刑などの刑に処される可能性があります。
ではクレジットカードの現金化は法律違反になるものなのでしょうか。
≫ 『クレジットカードの現金への換金は法律違反?』

クレジットカードの現金への換金は合法でできる

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法はとても便利な方法ではあるのですが、心配となってしまうこととして違法ではないの?ということがあげられますよね。
法律に違反しているのではないのか、法律に違反していそうというようなイメージがあることかと思います。
ですが実際には特に法律に違反しているというわけではありません。
法律違反ではなく、合法となっています。
≫ 『クレジットカードの現金への換金は合法でできる』

クレジットカードの現金の換金はグレーゾーン

どうしてもお金が手元に無いけれど必要だという場合であったり、また急な出費ができてしまったけれど対応することができないというような場合に、お金を用意するためにクレジットカードの現金化を利用するという方法があります。
クレジットカードの現金化を利用することによって、クレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換えることができ、その換えた現金をすぐに手に入れることが可能です。
≫ 『クレジットカードの現金の換金はグレーゾーン』

クレジットカードを現金に換金するのは違法?

最近とても話題となっており、注目を集めてるクレジットカードの現金化ですが、実際に利用されている方もたくさんいらっしゃることかと思います。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換金するという方法になるのですが、このクレジットカードを換金するという行為は違法になるのでしょうか。
≫ 『クレジットカードを現金に換金するのは違法?』

クレジットカードの換金の注意点

クレジットカードについているショッピング枠を現金に換金することができる、クレジットカードの現金化が最近とても話題になっています。
このクレジットカードのショッピング枠を現金に換金するという行為はいったいどういった内容の行為になるのでしょうか。

▼ 目次

ショッピング枠について

クレジットカードにはこの枠の範囲内でショッピングをすることができますよ、というショッピング枠が設定されていることかと思います。
このショッピング枠は直接現金に換えることはできず、何かしらの商品やサービスの購入時だけ使用することができるものとなっています。
あとからまとめてクレジットカード発行元会社が定めている請求日に請求が来るようになっています。
1か月分が決められている日に、登録されている銀行口座から引き落とされることになります。
このショッピング枠をうまく利用することによって今すぐ現金が欲しい、急な出費ができたというようなケースにも、すぐに現金を用意して対応することができるのです。

現金化は業者に依頼する場合には、二通りの方法があります

方法としては業者に依頼する方法と自分自身で行う方法があります。
業者に依頼する場合には、二通りの方法があります。
まず一つ目が商品買取型と呼ばれる方法です。
業者から指定された商品をクレジットカードを使って購入します。
そして再び業者にその購入した商品を買い取ってもらうのです。
それによって買い取り価格の金額が銀行口座に振り込まれるため、あとからクレジットカードの請求はくるもののすぐに現金を手に入れることができるという仕組みになっています。

もう一つの方法としてキャッシュバック型と呼ばれる方法があります。
この場合も同じくクレジットカードを使って業者から指定された商品を購入することになります。
ですが今度は商品を売却するのではなく、業者側からキャッシュバックが付帯しているということになります。
商品自体にキャッシュバックがついていて、それによってそのキャッシュバックの金額を銀行口座に振り込んでもらい、現金を手に入れることができるという仕組みになっています。
これらが業者を利用することで利用できる現金化の仕組みであり、どの方法で現金化を行うのかは業者によって異なります。

それからまた業者を利用するのではなく自分自身で現金化を行うという方法もあるんですね。
自分自身とはいったいどういった方法になるのでしょうか。
自分自身で行う方法としては、クレジットカードの商品買取型タイプの方法で行うものとなります。
クレジットカードで何かしらの商品を購入し、それを商品買い取り業者に買い取ってらもらうという方法です。
この場合特に業者から商品を指定されるようなこともありませんから、自分自身で商品を選んで購入する必要があります。
買い取ってもらえて、また買い取り価格が高いものを選ぶということがポイントです。

クレジットカードの現金へ換金するさいの注意点

そんな便利なクレジットカードの現金への換金についてですが、利用するにあたって注意点があるのです。
まず業者を利用して現金化する場合には、業者選びに十分な注意が必要です。
クレジットカードの現金化を行ってくれる業者はとてもたくさんあります。
ですがその業者すべてが優良業者であるというわけではありません。
残念ながら悪質な行為を働くような悪徳業者が横行しているということも事実になります。
ですので万が一そういった悪徳業者を利用してしまった場合には、悪質な行為を働かれ、詐欺の被害にあってしまう可能性も考えられるのです。

詐欺の被害の内容としては、振り込まれるはずのお金が一向に振り込まれない、また最初に言っていた金額と違う金額が振り込まれたというケースがあります。
また現金化に必要ということで入力したクレジットカード情報や個人情報を悪用されてしまうという被害も報告されています。
ですのでそういった悪徳業者に引っかからないように注意をしなければなりません。

注意する方法としては、信頼できる安心して利用できる業者を見極めることです。
口コミや評判を参考にするというのもよいですし、また実際に業者に問い合わせるというのも一つの方法です。
口コミにはサクラである可能性も考えられますから、実際に問い合わせて自分の耳で知る方がよいかもしれません。
また悪徳業者の場合はどこにも業者の問い合わせのための電話番号や会社の詳細な住所が記載されていなかったり、デタラメが記載されているというケースも考えられますので、実際に問い合わせることで悪質な業者であるかどうかを判断することができるケースもあります。

それからまた自分自身で現金化を行う方法の場合では、クレジットカードの発行元会社に現金化を目的として商品の売買を行っていることをばれないようにしなければいけません。
現金化はクレジットカードの発行元会社の規約で禁止されているため規約違反とみなされてしまい、クレジットカードの利用自体ができなくなってしまう可能性が考えられるからです。
利用停止処分となってしまいます。